わきが治療後に気をつけることは?

ご予約・お問い合わせ 0120-764-912 受付時間:10:00~19:00(水曜・日曜・祝日除く) オンライン予約 メールカウンセリング
HOME > 治療後ケア
治療後ケア

わきが手術では術後のケアが非常に大切です。

わきが手術では皮膚を裏打ちしているアポクリン腺をごそっと取っています。
いわば皮膚の下に空洞ができているのと同じ状態になるため、皮膚が下層組織とくっついてこの空洞がなくならなければ治癒しません。
この空洞のことを死腔と呼びます。
わきが手術では手術直後は皮下に大きな死腔が形成されていますので、順調に治癒させるために、いくつかの特別な処置が必要になります。
また同時に、手術を受けられた患者様のご理解とご協力がとても大切になります。

  • マイクロシェーバー法
  • 反転剪除法
  • サーミドライ
  • ミラドライ
  • ボトックス注射

術後診察

術後の診察を3日後、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に行います。
(術後経過によってはこれよりも増えることがあります。)
3日後:圧迫を外して、ドレーンを抜きます。
1週間後:抜糸をします。
1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後:治療効果や皮膚の回復具合をチェックします。

圧迫

握りこぶし大のガーゼを丸めたものを創部に当ててテープ及び包帯により圧迫固定を行います。女性の場合はわきが手術後専用の圧迫ボレロを着用していただいております(特に新品希望などのご要望がなければ無料にてお貸し出ししています)。圧迫期間は通常3日です。圧迫期間はゆったりした前開きの衣服を着用してください。

安静

術後1週間は厳重に安静をお願いします。3日後からは日常生活程度の動作は行えますが、術後2週間までは腕を挙げたりする動作は行わないようにしてください。ここで言う安静とは、手術部位である肩関節部分を極力動かさないようにするということです。さらに血圧があまり上がらないように穏やかに過ごしてください。

服装

圧迫をしている3日間はタイトな服を着用することはできません(ワキの部分が入らないため)。ゆったりとした前開きの服を着用してください。また、術後2週間は、上からすぽっとかぶるタイプの服は避け、前でボタンを留めるタイプの服でお過ごしください。

シャワー・入浴

下半身や髪の毛は、上半身を避けて頂ければ、当日よりシャワー浴可能です。肩関節周辺は圧迫の外せる3日後より濡らせるようになります。湯船に浸かる入浴は1週間後の抜糸後からになります。

スポーツ

術後2週間は程度によらず運動はできません。ジョギングのような手をあまり使わない運動は術後2週間より可能です。テニスや野球などの手を激しく使うスポーツは術後1ヶ月より可能です。学生さんの場合の体育の授業なども同様になります。

お仕事

術後1週間程度お休みを取っていただくのが理想的ですが、長期に休みを取るのが難しいという方は、以下を目安になさってください。一般的な事務仕事の場合、術後より仕事は可能ですが、肩の部分をあまり動かさないように十分に注意をお願いします。但し、制服のようなタイトな服は圧迫固定している術後3日間は着用しにくいのでご注意ください。肉体労働の方は、最低でも術後1週間はお仕事をお休みしていただく必要があります

術後診察

術後の診察を5日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に行います。
(術後経過によってはこれよりも増えることがあります。)
5日後:タイオーバー(圧迫)を外して、ドレーンを抜きます。その後再度圧迫を行います。
1週間後:圧迫を外します。
2週間後:抜糸をします。
1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後:治療効果や皮膚の回復具合をチェックします。

圧迫

握りこぶし大のガーゼを丸めたものを直接皮膚に縫い付けてしっかりと圧迫固定を行います。これをタイオーバーと言います。縫い付けているため引っ張られる感じの痛みがある場合がありますが、術後に処方する痛み止めで自制内です。5日後にタイオーバーを一旦外しますが、再度ガーゼを丸めたものをあてて、(縫い付けずに)テープと包帯でさらに2日間圧迫固定します。つまり合計で1週間圧迫固定を行います。

安静

術後2週間は安静をお願いします。特に最初の1週間は厳重に安静を守ってください。ここで言う安静とは、手術部位である肩関節部分を極力動かさないようにするということです。さらに血圧があまり上がらないように穏やかに過ごしてください。

服装

圧迫をしている1週間はタイトな服を着用することはできません(ワキの部分が入らないため)。また、術後1ヶ月間は、上からすぽっとかぶるタイプの服は避け、前でボタンを留めるタイプの服でお過ごしください。

シャワー・入浴

下半身や髪の毛は、肩関節周辺を避けて頂ければ、当日よりシャワー浴可能です。肩関節周辺は圧迫の外せる1週間後より濡らせるようになります。湯船に浸かる入浴は2週間後の抜糸後からになります。

スポーツ

術後1ヶ月の間は程度によらず運動はできません。最低1ヶ月は控えてください。学生さんの場合の体育の授業なども同様になります。

お仕事

術後2週間程度お仕事をお休みしていただくことが理想的ですが、なかなかそうは長く休めない方がほとんどかと思いますので、以下を目安になさってください。一般的な事務仕事の場合、十分に注意を払っていただければ術後より仕事は可能です。但し、制服のようなタイトな服は着用しにくいのでご注意ください。肉体労働の方は、最低でも術後1週間はお仕事をお休みしていただく必要があります。

術後診察

術後の診察を(1週間後)、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に行います。
1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後:治療効果や皮膚の回復具合をチェックします。

圧迫

不要です。

安静

術後3日程度は穏やかにお過ごしください。

服装

制限はありません。

シャワー・入浴

翌日よりシャワー浴可能です。湯船に浸かる入浴は1週間後からになります。

スポーツ

術後1週間は激しい運動は避けてください。

お仕事

翌日より可能です。

術後診察

術後の診察を(1週間後)、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に行います。
1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後:治療効果や皮膚の回復具合をチェックします。

圧迫

不要です。

安静

術後3日程度は穏やかにお過ごしください。

服装

制限はありません。

シャワー・入浴

翌日よりシャワー浴可能です。湯船に浸かる入浴は1週間後からになります。

スポーツ

術後1週間は激しい運動は避けてください。

お仕事

翌日より可能です。

術後診察

特に問題なければ必要ありません。

圧迫

不要です。

安静

通常通りお過ごしください。

服装

制限はありません。

シャワー・入浴

特に制限はありません。

スポーツ

特に制限はありません。

お仕事

当日より可能です。


以上は通常の経過の場合です。経過により医師の指示に従ってください。

オンライン予約