わきが治療は計画的に

ご予約・お問い合わせ 0120-764-912 受付時間:10:00~19:00(水曜・日曜・祝日除く) オンライン予約 メールカウンセリング
HOME > わきが治療の計画
わきが治療の計画

わきが手術はすぐにはお受けできません。計画的に行いましょう。

「診察後すぐに手術を受けられますか?」
時折そんな質問をお受けすることがございます。だんだん暖かくなってきて臭いが気になりだすと思いついたように手術をしたくなったり、人から指摘されて衝動的に手術をしなければと思った、というのはお気持ちとしてわからなくはありません。しかしながら、大変申し訳ございませんが、診察後すぐに治療や手術をお受けにはなれません。それには以下の理由があります。

治療方法の選択

一口にわきがの治療と言っても、治療方法は1つではありません。そのどれが患者様に一番合っているかを判断していただくためにカウンセリングを行います。わきがの程度やご要望、休みが取れるかなど、いくつかの条件を基に判断していくことになります。カウンセリング後すぐには判断がつかない場合もよくあることです。治療方法を選択するには少し時間がかかるかもしれませんし、一旦家に帰ってから考えた方が冷静な判断ができます。

術前血液検査

手術を行う場合、事前に血液検査を行います。この血液検査では、貧血がないか、止血機能は正常かどうか、感染症はないかといったことを検査します。いずれも手術を安全に行うために必要な項目になります。この血液検査の結果がでるのには数日かかりますので、手術をお受けできるのは診察後最短で4日目以降とさせていただいております。

術後安静の確保

手術後には安静期間が必要です。必要な安静期間が確保できるかを検討しましょう。安静の程度と期間は手術方法によって異なります。学生さんの場合は体育などの授業にはしばらく出られなくなりますので、学期間の休みを利用してされる方が多いです。

術後の圧迫固定

術後は規定の期間の圧迫固定を行います。この間はテープや包帯、圧迫用ボレロなどを着用して頂く必要があります。ニオイは夏場に気になることが多いので、夏場に手術を希望される方も多くいらっしゃいますが、暑がりの方は夏場の手術は避けた方が良いと思います。術後はシャワー浴の制限などもあり夏場には不快になりやすく、人によっては包帯などにより蒸れて汗疹(あせも)が出ることもありますので、ご自身の体質を加味して判断されると良いでしょう。また、秋、冬など厚着のできるシーズンの方が圧迫固定をカムフラージュしやすいという面もあります。

手術の繁忙シーズン

手術を希望される方が多い時期があります。具体的には2月~6月になります。弊院の場合、わきが手術は1年を通して手術数に大きな変動はありませんが、これは手術の受け入れ可能な人数に制限があるためで、手術希望者が多い時期はかなり前から手術のご予約で埋まってしまうことも多いです。手術を行いたい時期というのは重なってしまい易く、学生さんの休みのシーズンに手術を希望される方はかなり余裕を持って診察にお越しいただくことをおすすめします。時期によっては2か月くらい前から埋まってしまうこともあります。

オンライン予約