Column

わきがの重症度を評価する

わきがの重症度を評価する

わきが体質かどうかの診断は比較的簡単につきますが、治療方法を選択するにあたってはその重症度を評価することが必要になってきます。なぜなら、腋臭症の治療方法はいくつかの選択肢がありますが、そのどれもが一長一短があり、絶対的にこの治療法が良いというものはないからです。端的に言えば、症状が軽いのであればなるべくリスクの少ない方法を選択した方が良いし、重症であれば効果を最大限にする治療法を選択した方が良いのです。ですので、わきが体質かどうかの診断がついたら、次はその重症度の評価を行うことが重要になってきます。

重症度を評価する方法として、通常ガーゼテストをよく行います。

このガーゼテストの結果を加味して重症度(グレード)を評価していきますが、以下のような基準があります。

Stage1
全くにおわない
Stage2
脇にはさんだガーゼからかすかにわかる程度
Stage3
脇に鼻を近づけてよく嗅げばわかる程度
Stage4
横にいてわかる程度
Stage5
少し離れていてもわかる程度

ガーゼテストを利用したこの重症度評価方法は、ごく常識的な分類がされているので、一般的に広く使われています。しかし、腋臭症の診療を常日頃している身として実感するのは、ガーゼテストは感度が低いということです。ある種の検査方法の精度を評価する指標として、感度と特異度があります。感度と特異度の詳しい説明はここではしませんが、ここでは腋臭症の症状がある程度強い人(中程度~重症)をちゃんと強いと拾ってくれる割合を感度、腋臭症の症状がないか弱い人(なし~軽傷)をちゃんと弱いと判断してくれる割合を特異度とします。

そもそも、アポクリン腺の活動というのは常に一定ではなく、むしろ非常に波があります。1日の中でも相当なむらがあります。ですので、その活動をたった数分で見極めろというのが実は無理なことです。しかも、医師の体調による影響も受けるのは必至です。ですから、私はガーゼテストというのは、重症な人を選別することはできても、軽傷か中程度の人のグレード評価をすることは容易ではないと考えています。

実際にガーゼテストではStage1と判定しても、エピネフリン(アドレナリン)負荷(局所麻酔薬の注射)を行うと、遠いところからでもプンプン臭うStage5なんていうことはそれこそしょっちゅうあります。ですので、実際の重症度判定は、ガーゼテストの結果に過度に影響されることなく、いくつかの要素を総合的に考えて行う必要があります。

モニター募集

  • カウンセリング予約
  • 0120-764-912