Treatment list

最小限の傷跡を希望される方に最適な
マイクロシェーバー法

マイクロシェーバー法とは?

単なる吸引法ではありません。

マイクロシェーバー法とは? わきがの臭いの元凶はアポクリン腺です。そのため、わきが治療で最も重要なことは「最大限しっかりとアポクリン腺を除去する」という点です。
とはいえ、術後の傷跡もできるだけ目立たないようにしたいというニーズは大変大きいものがあります。また、手術後の日常生活がどの程度制限されるかということも大きな問題でしょう。極力リスクの少ない方法であるという点も重要です。

反転剪除法(保険の治療)はこの点においてデメリットがあります。そのため、従来から傷跡がなるべく小さくて済むようなわきが手術が開発されてきました。しかしながら、どの方法も臭いの除去効果の面で問題のあるものでした。傷跡は確かにほとんど残らなかったけれども臭いもほとんど取れなかったということが実際のところ非常に多かったと言えます。
アポクリン腺は非常にしっかりした組織で、脇の下の皮膚の裏一面をびっしりと埋め尽くすように存在しています。このアポクリン腺を極力残らず取り除こうとしても単純な吸引装置では不十分であったのです。
しかしながら、主に整形外科領域で使用されていたストライカー社のフォーミュラシェーバーシステム(旧クワドラカットシェーバーシステム)を用いることで、アポクリン腺を残らずしっかり取り除くという目的が達成できるようになりました。これにより最小限の傷跡で非常に高い臭いの除去効果を得ることができるようになりました。

マイクロシェーバーの仕組み

この方法では、先端に穴が開いている吸引管(外筒)の内側に高速で振動する刃(内筒)がついている特殊なカッターを使用します。この高速カッターのおかげで、アポクリン腺を吸引をしながら確実に削り取ることができます。これにより、少ない侵襲、最小限の傷跡で、大きな効果が得られるようになりました。
  • ハンドピース

    ハンドピース

  • 先端部

    先端部

  • 上:内筒(ギザギザの刃)下:外筒(穴が開いている)

    上:内筒(ギザギザの刃)
    下:外筒(穴が開いている)

マイクロシェーバー法の特長

特長1 傷が小さく目立たない
切開するのは約5mm程度を2ヶ所のみです。
特長2 手術時間が短い
両脇で約1時間くらいで終了します。
特長3 術後の圧迫が短く回復が早い
術後の圧迫は通常3日程度と短いため楽です。
特長4 高いアポクリン腺除去率
硬いアポクリン腺もしっかり取り除ける構造なので、ほとんど残らず除去することが可能です。

手術方法

  • Step1

    Step1 マーキング

    わきの下の有毛部より一回り大きい範囲をマーキングします。

  • Step2

    Step2 麻酔

    マーキングした部位を局所麻酔します。

  • Step3

    Step3 切開

    マーキングした部位の体幹側と手側の2箇所を約5mmずつ切開します。

  • Step4

    Step4 アポクリン腺削除・吸引

    切開部よりマイクロシェーバーを挿入し、アポクリン腺を削除しながら吸引していきます。

  • Step5

    Step5 ドレーン留置・縫合

    ドレーン(血液や浸出液を外に導き出す細い管)を挿入し縫合します。

  • Step6

    Step6 圧迫・ドレッシング

    握り拳大のガーゼを丸めたものをわきの下の皮膚に押し当ててテープと包帯による圧迫を行います。

  • Step6

    女性の場合は専用の圧迫ボレロを着用していただいております。(無料でレンタルしていますが、ご希望の方には販売もいたしております。)

術後の経過・処置について

処置
3日後に圧迫を外し、ドレーン(細い管)を抜きます。1週間後に抜糸を行います。
圧迫
テープとガーゼで3日間脇を圧迫します。女性の方は専用ボレロを着用していただきます。圧迫はそれほど大袈裟ではないので、上から服を着てしまえば分かりにくいです。術後1週間程度は腕を極力動かさないように過ごしてください。
シャワー・入浴
患部以外のシャワー浴は手術当日から可能です。患部のシャワー浴は圧迫を外す3日後より可能です。湯船に浸かる入浴は抜糸後より可能です。
仕事
大袈裟な圧迫はしないので、事務仕事程度ならゆったりめの服装を着て翌日から可能です。ただし、肩関節部分はなるべく動かさないように安静にお過ごしください。

※以上は一般的な経過・処置です。状況により上記と異なることもあります。

アフターケア

色素沈着
術後には脇の下の皮膚の色素沈着が程度の差はありますが、どなたでも必ず生じます。通常6ヶ月~1年程度で回復することが多いですが、回復に要する時間には個人差もあります。ご希望の方にはハイドロキノン(外用の美白剤)を処方いたします。
※手術時に発生するポイントを使用できます。
脱毛
手術後は術前と比べると腋毛の量は減りますが、ツルツルにはならないので、ご希望の方には手術後6ヶ月後より脇の脱毛を行うことができます(有料)。当院ではレーザー脱毛を行っておりますが、色素沈着の状態により、あったレーザーを選択して安全に施術を行います。

術後の合併症

無用な合併症を避けるためにも術後の安静を心がけてください。

術後の合併症 詳しくはこちら

他のわきが治療と比較して

この治療法は他のわきが治療と比較すると以下のメリットがあります。

  • 傷は非常に小さく目立たない。
  • ニオイの除去効果に非常に優れる。

詳しくは「わきが治療方法の比較」をご覧下さい

症例

マイクロシェーバー法は傷跡が目立ちにくいのが特徴です。術後の脇の状態は以下の症例写真をご参考にしてください。

  • 症例

    術後6ヵ月後右傷跡も目立たずキレイです。

  • 症例

    術後6ヶ月後左

施術を受けられない方

  • 妊娠中の方・妊娠の可能性のある方
  • 術後すぐに肉体労働をしないといけない方
  • 血が止まりにくくなる薬、血液をさらさらにする薬を服用されている方
  • これまでに局所麻酔でアレルギーなどの問題の起きた方

コラム・わきがの知識一覧

モニター募集

  • カウンセリング予約
  • 0120-764-912