Treatment list

切らないわきが・多汗症治療
ミラドライ

エースクリニック わきが・多汗症サイト HOME   わきが・多汗症の治療方法   切らないわきが・多汗症治療 ミラドライ

ミラドライとは?

ミラドライとは? わきが・多汗症でお悩みの方は大変多いのですが、症状のレベルは人それぞれです。
手術の方がより高い効果が得られるとしても、
「もっと気軽に治療を受けたい」
「例えほんのちょっとでも皮膚を切るのはできればしたくない」
というご要望は大変多いものでした。
また、ご高齢の方やお子様の治療を考えている親御様の場合、できるだけ体に負担の少ない治療を望むのも当然のことです。

そのような方に最適な治療がミラドライです。ミラドライは電子レンジなどに利用されているマイクロ波を使って汗腺を破壊する今までにない機器です。すでに米国でFDAの承認を受けており、公的機関により効果が認定された治療になります。

日常生活にほぼ支障なく受けて頂けるダウンタイムのない治療であることに加え、全く皮膚を切らないので少しの傷もできません。治療に伴う合併症のリスクもほとんどなく、安全、お気軽に治療を受けて頂けます。

ミラドライのテクノロジー

  • (1)マイクロ波により汗腺を選択的に破壊<

    (1)マイクロ波により汗腺を選択的に破壊

    ミラドライはマイクロ波を利用して多汗症・わきがを治療します。マイクロ波のエネルギーは水分子に選択的に吸収されて熱に変換されます。ターゲットである汗腺は水分の多い組織であるため、汗腺付近で熱が発生し、かつ汗腺以外への影響が最小限に抑えられます。

  • (2)最適化されたマイクロ波

    (2)最適化されたマイクロ波

    ミラドライのマイクロ波は真皮を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けるものが選択されています。このため、皮下脂肪層と真皮の境界に熱エネルギーが蓄積されていきます。このようにミラドライのシステムは熱の及ぶ深さと照射幅を最適化するように設計されています。

  • (3)冷却システムにより皮膚を保護

    (3)冷却システムにより皮膚を保護

    ミラドライ照射後はハイドロセラミッククーリングにより表皮~真皮にかけてを冷却していきます。この冷却により表皮部分が熱から保護されます。皮下脂肪層の抵抗と表面からの冷却により、熱への影響は汗腺があるエリアに集中し、脂肪層より深部への強いダメージはありません。

ミラドライの特長

特長1 わきが・多汗症に有効です
ミラドライはわきが・ワキの多汗症の治療に有効です。特にワキの多汗症の場合、手術が必ずしも有効とは言えないため、身体への負担の少ないミラドライは大変おすすめです。
わきがの方の場合、軽症~中等症の方にミラドライの適応があります。
特長2 切らない=傷が全くできない
ミラドライは全く皮膚を切らないわきが・多汗症治療です。そのため、合併症などのリスクがほとんどなく、お気軽に安心して治療を受けて頂くことができます。
また、全く切らないということは傷跡の心配が全くないということです。そのため見た目を重要視される方や切ることに不安を感じる方に非常に適した治療法です。
特長3 短い施術時間
施術時間は両脇で40分~約1時間。体力を消耗せずに気軽に施術が受けられます。
特長4 ほとんどダウンタイムなし
施術後若干の腫れは出るものの、服で容易に隠せる部位のため、施術後も通常通りの日常生活を送ることができます(入浴と運動で若干の制限あり)。
特長5 長期間の効果の持続
長期の効果が期待でき、治療終了後から効果を実感していただけます。

エースクリニックのミラドライ治療

エースクリニックのミラドライ治療は以下の特長があります。

最大出力での照射
治療効果を最大限にするため、ミラドライの照射は最大出力で全て行います。その分腫れなどが強めに出ますが、いずれ引くものであるため、効果を優先しています。
発汗が多い部位に重ね打ち
発汗が多いと思われる部位には2回照射を行い治療効果を高めます。
広い照射範囲
わきが・多汗症の場合、通常行われている照射範囲よりも広範囲でミラドライを照射します。これはわきが・多汗症の手術を数多く扱ってきた経験上、汗腺は見た目よりも広範囲に存在するためです。器械による治療(ミラドライ)のみではなく、手術や注射など多くの治療経験を持つ弊院の強みです。
痛みを最小限に抑える麻酔
ミラドライ施術中は局所麻酔がしっかり効いていますので痛みはありませんが、局所麻酔時の痛みも最小限とするための様々な措置を行っています。表面麻酔(クリーム状の塗る麻酔)を行い、ご希望の方には笑気麻酔(吸うとリラックスでき痛みを緩和する麻酔)を行いますので、痛みに弱い方でも安心して施術を受けていただけます。

手術方法

  • Step1

    Step1 マーキング

    発汗部位に転写シートを使ってマーキングを転写します。

  • Step2

    Step2 麻酔

    マーキングした部位を局所麻酔します。これによりミラドライ照射時の痛みがなくなります。
    このとき笑気麻酔を行うとリラックスした状態で局所麻酔を行うことができます(ご希望の方は無料にて行います)。

  • Step3

    Step3 ミラドライ照射

    マーキングに従ってミラドライを照射していきます。先ほどの麻酔により痛みはありません。
    施術時間は片脇20~30分程度が目安です。

  • Step4

    Step4 冷却

    施術が終了したら、消炎のため脇の下をアイスパックでしばらく冷却します。

  • Step5

    Step5 アフターケア

    施術後、特別な処置は必要ありません。痛み止めを処方しますので、適宜必要に応じて内服してください。

アフターケア

シャワー・入浴
施術部位の腫脹が見られる間はぬるめの温度のシャワー浴程度にしてください。
運動
施術部位の腫脹が見られる間は激しい運動は控えてください。
仕事
特に制限はありません。

副作用について

ミラドライでは副作用が生じることはほとんどありませんが、極めてまれに以下のような症状が生じることがあります。異常を感じたら医師の診察を受けてください。

皮膚の異常
軽度の水疱や発疹など。いずれも一時的なものです。
色素沈着
ミラドライを照射することで、皮膚が刺激を受けて一時的に茶色みを帯びる状態です。軽いものも含めると多くの方に一旦は生じますが、時間とともに軽快します。
感覚の異常
軽度のしびれ感や知覚鈍麻など。一時的(数か月)に生じることがあると言われています。

施術を受けられない方

  • 妊娠中の方・妊娠の可能性のある方
  • ペースメーカーを使用している方
  • 酸素投与している方
  • これまでに局所麻酔でアレルギーなどの問題の起きた方

Q&A

わきの臭いが気になりますが、自分では重度ではないと思います。こういう場合、ミラドライは適していますか?

ミラドライは重度でない軽症~中等症の腋臭症の方に対して良い適応があります。ミラドライは全く切らない腋臭・多汗症治療で、合併症などのリスクがほとんどないという非常に優れた利点があります。ですので、ミラドライをご検討されると良いでしょう。

ミラドライの治療は痛いですか?

ミラドライは施術に際して、局所麻酔の注射を行います。麻酔の際には若干のちくっとした痛みがありますが、麻酔が効いた後は全く痛くありません。ですのでご安心ください。 また、笑気麻酔を併用するとリラックスした状態で局所麻酔を行うことができ、麻酔時の痛みを感じにくくできますので、ご希望の方はおっしゃってください(別料金)。

脇の多汗症で悩んでいます。一度の治療で良くなりますでしょうか?

一回の治療でも改善を得られることが多いですが、現時点でのミラドライの標準的プロトコールは2回治療が推奨されています。ですので、1~2回の治療で脇汗を改善していくことを念頭に置かれると良いでしょう。

Q&A一覧はこちら

コラム・わきがの知識一覧

モニター募集

  • カウンセリング予約
  • 0120-764-912