Treatment list

パースピレックス

パースピレックスとは?

パースピレックスとは? パースピレックスは新しく開発された医療用制汗剤です。
パースピレックスの主成分は塩化アルミニウム。発汗を抑えたい脇の下や手のひらなどに塗布すると、汗腺内の水分と反応して汗腺にフタを作って発汗を物理的に抑えます。
従来の制汗剤と比べて効果の持続が長く、一度塗っておくとおよそ3~5日間汗を抑えてくれます。
また、殺菌効果もあるため、経度のわきが症状の緩和にも有効です。

パースピレックスが発汗を抑制するメカニズム

パースピレックスの主成分は塩化アルミニウムです。塩化アルミニウムを皮膚に塗布すると、エクリン腺(汗を出す腺)内で水分とタンパク質と反応し凝固物を形成します。これにより汗腺に物理的なフタができ、汗の出口を塞ぐことで発汗が抑えられます。
また、継続使用することで汗腺が委縮するとも言われています。

適応

  • 多汗症(ワキ、手のひら、足の裏など)でお悩みの方
  • 衣服の汗じみが気になる方
  • エチケットとしてワキや手のひらの汗を抑えたい方
  • 革靴など蒸れやすい靴を長時間履く方
  • 市販の制汗剤では効果が薄かった方
  • ボツリヌストキシン注射を行うことができない方(妊娠、アレルギーなど)

パースピレックスの特長

特長1 使い方は簡単、ただ塗るだけ!
パースピレックスの使い方はとてもシンプルです。ただ塗るだけで、主成分の塩化アルミニウムが汗腺に作用し、汗をブロックします。ワキだけでなく手のひらや足の裏にも使用できます。
特長2 数日に1回の使用で効果が持続
通常の制汗剤よりも効果がずっと長く続くので数日に1回の使用でOK。面倒くさがりやさんでも続けられます。
また、シャワーや手を洗っても大丈夫です。スポーツ中も頻回に塗りなおす必要がありません。
特長3 皮膚への刺激は控えめ
炎症を抑える成分を配合しているので、これまでの同様の製品に比べ皮膚への刺激が少なくなっています。
(ローションタイプは手のひら、足の裏以外には使えません。)
特長4 無香だから使いやすい
他のフレグランスと一緒に使用しても無香だから邪魔をしません。

手術方法

  • Step1 塗布

    発汗を抑えたい部位にパースピレックスを塗布します。夜間就寝前の塗布がおすすめです。

  • Step2 乾燥

    パースピレックスを塗布したら完全に乾かした後、着衣してください。

  • Step3 ふき取り

    翌朝、パースピレックスを塗布した部位を濡れタオル等で拭き取ってください。

  • Step4 継続

    効果がでるまでは毎晩塗布してください。お肌の弱い方は1日おきにするなど調整してください。
    効果が出てからは3~4日に1回の塗布で大丈夫です。

  • Step5 ドレーン留置・縫合

    ドレーン(血液や浸出液を外に導き出す細い管)を挿入し縫合します。

副作用について

肌が弱い方の場合、主成分の塩化アルミニウムが皮膚炎症状を起こすことがあります。その場合、かぶれやかゆみが生じることがあります。そのためデリケートな部分や顔などには決して使用しないでください(パースピレックスが使用できるのは脇の下、手のひら、足の裏のみです)。
副作用などによりパースピレックスが使用できない方は、ボトックス注射ボツリヌストキシン無針浸透注入療法などを検討されると良いでしょう。

ロールオンタイプとローションタイプの2種類

パースピレックスにはロールオンタイプとローションタイプの2種類があります。
ロールオンタイプは主にワキ用で、脇汗でお困りの方に。
ローションタイプは主に手のひらや足の裏用で手や足の汗でお困りの方やエチケットとして使用したい方に。
使用用途に応じて使い分けてください。

ロールオンタイプとローションタイプの2種類

モニター募集

  • カウンセリング予約
  • 0120-764-912