Types of hyperhidrosis

顔面多汗症

顔面多汗症とは?

顔面多汗症とは? 局所多汗症のうち、額や頬などの顔からの汗が異常に多い状態を顔面多汗症と言います。

顔面の多汗症の原因は緊張などに伴う精神的発汗が多くを占めると考えられますが、気温や食事などの外因により多量の汗が誘発される場合も多く見られます。
顔面多汗症の場合、常に露出している部分なので、脇や手のひら、足の裏など目に触れにくい部位の多汗症と違って、簡単に人目についてしまうという特徴があります。そのため汗をかいていることストレスになり、さらに多くの汗をかいてしまうという連鎖に入ってしまう経験がある方も多いのではないでしょうか。
誰でも極度に緊張したときや焦ったときなどには必ず汗をかくものですが、異常に多い発汗は大きな心理的負担になります。
また、汗かきに思われるよりも、汗ひとつかかない涼しげな印象の方がクールで好まれるのも事実です。
これまでは、顔面多汗症の多くは精神的な原因によるもとされ精神医学的アプローチが取られていましたが、必ずしも良い効果が得られるわけではありませんでした。近年ボツリヌストキシン療法が主に脇の発汗抑制に多く行われていますが、脇にかかわらず発汗の抑制にはボツリヌストキシン療法が安定して良い効果が得られます。そのため重度の顔面の多汗症で治療を希望される方以外にも、身だしなみの一環として顔面のボツリヌストキシン療法を希望される例が最近非常に増えてきております。

顔面多汗症でのお悩み(症状)

  • メイクがすぐくずれてしまう。
  • いつも汗をかいていて不潔に思われるのではないかと不安になってしまう。
  • 極端なあがり症に思われ、気まずい。
  • 暑くないのに汗をかいてしまい、体調が悪いと思われてしまう。
  • 汗がダラダラ出た状態ではかっこ良くないので、おしゃれしづらい。

顔面多汗症の治療方法

  • 通常のボトックス注射に比べ、筋肉への影響を抑えた注射方法

    マイクロボトックス注射

    マイクロボトックス注射

    ボトックス注射は非常に良い発汗抑制効果が得られるのが特徴ですが、顔面に注射する場合、通常の注射方法だと薬液の拡散により表情筋にまでしっかり効いてしまうという問題があります。このため、マイクロボトックス注射といい、薬が皮膚のみに効くような特殊な注射方法を行います。

    詳しくはこちら

Q&A

顔面の多汗症治療をされる方はどのような方が多いですか?

男女ともに多くいらっしゃいます。年齢的には活動性の高い20代~50代くらいが多い印象です。重度の多汗症の方もいらっしゃいますが、それよりも身だしなみとして顔面の発汗を抑えたい方が増えてきています。

以前、額のしわ取りでボトックス注射を受けたことがありますが、そのときの注射とは違いますか?

発汗抑制目的で顔面にボトックスを注射する場合、ボトックスが拡散する範囲を十分にコントロールする必要があります。具体的には、表情筋への浸透をなるべく抑えて皮膚のみに作用するようにするような注射方法を行います。しわ取りの場合は筋肉への浸透を主に考えているため、注射方法が異なります。

顔面の多汗症に医療用制汗剤は使用できますか?

残念ながら使用できません。弊院で取り扱いのある医療用制汗剤「パースピレックス」はワキ用と手足用がありますが、顔面のように露出した部位には使用することができません。

Q&A一覧はこちら

その他の多汗症

モニター募集

  • カウンセリング予約
  • 0120-764-912